~ 歌詞でよむ初音ミク 188 ~ 水死体にもどらないで

海に沈んだ「水死体」の呪い

ハイセンスでファンクでポップな音楽に、「水死体」という予想外のイメージを掛けあわせた作品。声はFlower(花ちゃん)とミクさんです。 曲・詞ともに、いよわさん。

 

続きを読む

~ 歌詞でよむ初音ミク 187 ~ 小生信者は雨の温度も知らず

エゴイストの孤独な葛藤

一見レトロな曲調ですが、上下する意外なメロディーに揺さぶられる作品。ちなみに小生とは、へりくだって言う「自分」のことです。曲・詞ともに雨の介さん。

 

続きを読む

~ 歌詞でよむ初音ミク 186 ~ 月曜の海

きっとどこかには流れ着くはず

憂鬱な月曜の朝に起こったささやかなドラマを、アコギやハーモニカなどまったりした雰囲気のなかで描いています。曲・詞ともに青屋夏生さん。

 

続きを読む

~ 歌詞でよむ初音ミク 185 ~ はらぺこのルベル

邪恋、きみのわるい予感

ラテンなテンポなのに、じめじめした風景が描かれていて、それをさらっと歌うミクさんの不気味さが際立つ、絶妙なバランスの作品。曲・詞ともに電ポルP (koyori) さんです。 

 

続きを読む

~ 歌詞でよむ初音ミク 184 ~ 口を衝く

いつでも言葉が解決してくれるわけじゃない

かなり複雑に組み立てられているお洒落な曲ですが、すごく聴き心地の良いメロディーメーカーでもあります。 曲・詞ともに、あ子さんです。

 

続きを読む

~ 歌詞でよむ初音ミク 183 ~ いるかジェット

アダルトグッズ使いのミクさん

一見するとポップなラブソングですが、実際はかなり大胆にエロい歌詞になっています。そこをしれっと明るく歌ってくれるミクさんの魅力も詰まった作品。曲・詞ともに、OSTER project (fuwacina) さんです。

 

続きを読む

~ 歌詞でよむ初音ミク 182 ~ ネギがミクに恋をした?

愛は「似せる」ことじゃない

「みんなのミクうた」的な、ほのぼのしたユーモアあふれる作品。歌詞だけでなく、音楽やコーラスがしっかり丁寧なところにも注目です。曲・詞ともにtokkyさん。

 

続きを読む

~ 歌詞でよむ初音ミク 181 ~ だからパンを焼いたんだ

主食でも、お菓子でもあるということ

疾走感のあるかわいいロックにのせて、ミクさんがパンを熱く語ってくれる作品。どうつながっていくんだろうとワクワクするところも魅力の一つです。曲・詞ともに、あわのあゆむ さん。

 

続きを読む

~ 歌詞でよむ初音ミク 180 ~ プラネタリウムの真実

幻だったけど、たしかに「真実」だった

ロマンチックで豪華な音楽陣に、意外なところで転調するファルセット的なミクさんの声がとっても合っている作品。個人的なことですが、裏声ミクさんすごく好みなんです。曲・詞ともに、夏代孝明さん。

 

続きを読む