~ 歌詞でよむ初音ミク 183 ~ いるかジェット

アダルトグッズ使いのミクさん

一見するとポップなラブソングですが、実際はかなり大胆にエロい歌詞になっています。そこをしれっと明るく歌ってくれるミクさんの魅力も詰まった作品。曲・詞ともに、OSTER project (fuwacina) さんです。

 

続きを読む

~ 歌詞でよむ初音ミク 182 ~ ネギがミクに恋をした?

愛は「似せる」ことじゃない

「みんなのミクうた」的な、ほのぼのしたユーモアあふれる作品。歌詞だけでなく、音楽やコーラスがしっかり丁寧なところにも注目です。曲・詞ともにtokkyさん。

 

続きを読む

~ 歌詞でよむ初音ミク 181 ~ だからパンを焼いたんだ

主食でも、お菓子でもあるということ

疾走感のあるかわいいロックにのせて、ミクさんがパンを熱く語ってくれる作品。どうつながっていくんだろうとワクワクするところも魅力の一つです。曲・詞ともに、あわのあゆむ さん。

 

続きを読む

~ 歌詞でよむ初音ミク 180 ~ プラネタリウムの真実

幻だったけど、たしかに「真実」だった

ロマンチックで豪華な音楽陣に、意外なところで転調するファルセット的なミクさんの声がとっても合っている作品。個人的なことですが、裏声ミクさんすごく好みなんです。曲・詞ともに、夏代孝明さん。

 

続きを読む

~ 歌詞でよむ初音ミク 179 ~ 夜行便

「君」は女性ではなくて――

いつもメロディがとても綺麗なバイカPさんは、感情を抽象的に歌うことが多いのですが、この曲はシーンが浮かびあがるようになっています。曲・詞ともに、バイカPさんです。

 

続きを読む

~ 歌詞でよむ初音ミク 178 ~ 少女レイ

語り手がいつも善人とはかぎらない

とっても爽やかなサマーソングに、びっくりするほどクズでリアルな生々しい視点の歌詞。最高にボカロの良さが出ています。曲・詞ともに、みきとPさん。

 

続きを読む

~ 歌詞でよむ初音ミク 177 ~ 夜がはじまる

「堕天使との夜」が。

スローでメロウなまどろみの心地よい曲調から始まって・・・?という遊び心にみちた作品。ことごとく裏拍で入っていくミクさんの声もとっても素敵です。曲・詞ともに、平田義久さん。

 

続きを読む

~ 歌詞でよむ初音ミク 176 ~ トーキョーゲットー

トーキョーという抜け出せないゲットーのなかで

流れるようなカッティングが渋くて素敵な作品。まるでその一部のような歌詞は「音」としても気持ちいいし、「意味」を考えてみても面白い、という二重においしい構造になっています。曲・詞ともに、Eveさん。

 

続きを読む

~ 歌詞でよむ初音ミク 175 ~ 揺らめく森のストロベリー

「ざわめき」のポリフォニー

妖しげに展開する曲調とミクさんの重なる声々のなかで、象徴的な光景と具体的なイメージが混ざりながら見えてくる素晴らしい作品です。曲・詞ともに、Inagiさん。

 

続きを読む