【追悼】wowakaさんと初音ミク

今日、ヒトリエやミク曲(ミクルカ曲)で活躍されてきたwowakaさんが若干31歳で急性心不全で亡くなられたと発表されました。 突然のことであまりにびっくりしてしまいました。 書き急ぎであっても、何か書かなくちゃと感じました。

~ 歌詞でよむ初音ミク 196 ~ 真昼の月

「あの子」が邪魔すぎて 意外なコード進行なのに、とても聴きやすい優れたメロディーメーカー。甘いヤンデレぎみなミクさんの声で、爽やかなのに怖さも感じます。曲・詞ともに、なつめ千秋さん。

~ 歌詞でよむ初音ミク 195 ~ 背比べ

見つめ合えるのは、見失っていたから アコースティックの静かなバラードで、耳ざわりの良い落ち着いた作品。抑制されたミクさんの声が切なさを増幅させています。曲・詞ともにTokayaさん。

ミクの日のミクさん(2019/03/09)

3月9日はミクの日。 週末になってしまいましたが、 スプリングキュートなみくみくをちょっとだけおすそわけします!

~ 歌詞でよむ初音ミク 194 ~ ブルーミングガール

同じ歌詞なのに、ちがうメロディー キュートなピコピコに、たらんさんの絵のような穏やかさと淡さも加わった素敵な電子ポップ。歌詞も正統派、でもよく聴いてみると・・・?曲・詞ともにRUBY-CATMANさんです。

~ 歌詞でよむ初音ミク 193 ~ 想い出箱

がらくたの記憶が詰まった部屋 お洒落なfuture系で、かわいくてポップな "病み" ソング。メタ視点ではなくミクさんと同じ登場人物のように寄り添うコーラスのResetさんも素敵です。曲・詞ともにンチャPさん。

~ 歌詞でよむ初音ミク 192 ~ Dreamship

夢の残酷さ、夢のような残酷さ キラキラと淡い幻想のようなポップ感からの、たたみかけるように重低音を増していくシンボリックな情景を歌った作品。曲・詞ともにMystekaさんです。

~ 歌詞でよむ初音ミク 191 ~ トゥルーブルー

汚されてピュアになっていく アニメのEDのような爽やかで切ない余韻を残すポップス。さっぱりした後味だけど、歌詞には謎がのこる不思議な作品です。曲・詞はヘンドリックスSS(MEDO&BLACKHEART_jp)さん。

~ 歌詞でよむ初音ミク 190 ~ 00

失われては始まっていく無限(∞) アンダーグラウンドなのにポップでもある音楽と歌詞。不気味だけどピュアさも混じりあった、唯一無二のミクさんの和声も聴きどころです。曲・詞ともにPuhyunecoさん。

~ 歌詞でよむ初音ミク 189 ~ ビターチョコデコレーション

苦いだけでも甘いだけでもない 淡々と奇妙な雰囲気をのこして進んでいく作品。それでいてリズミカルな中毒性があってかっこよさもあります。曲・詞ともに、syudouさんです。

~ Happy New Year 2019 ~

あけましておめでとうございます! 2019年もよろしくお願いしますm(_ _)m 今年はメイドなミクさんで統一してみました。

~ 歌詞でよむ初音ミク 189 ~ ラッキー☆オーブ

もしかして宇宙から!? ハッピーでどことなく東洋テイストもあるEDMに乗せて、明るくお気楽なミクさんの特徴がよく出ています。曲・詞ともに、emon (Tes.)さんです。

~ 歌詞でよむ初音ミク 188 ~ 水死体にもどらないで

海に沈んだ「水死体」の呪い ハイセンスでファンクでポップな音楽に、「水死体」という予想外のイメージを掛けあわせた作品。声はFlower(花ちゃん)とミクさんです。 曲・詞ともに、いよわさん。

~ 歌詞でよむ初音ミク 187 ~ 小生信者は雨の温度も知らず

エゴイストの孤独な葛藤 一見レトロな曲調ですが、上下する意外なメロディーに揺さぶられる作品。ちなみに小生とは、へりくだって言う「自分」のことです。曲・詞ともに雨の介さん。

~ 歌詞でよむ初音ミク 186 ~ 月曜の海

きっとどこかには流れ着くはず 憂鬱な月曜の朝に起こったささやかなドラマを、アコギやハーモニカなどまったりした雰囲気のなかで描いています。曲・詞ともに青屋夏生さん。

~ 歌詞でよむ初音ミク 185 ~ はらぺこのルベル

邪恋、きみのわるい予感 ラテンなテンポなのに、じめじめした風景が描かれていて、それをさらっと歌うミクさんの不気味さが際立つ、絶妙なバランスの作品。曲・詞ともに電ポルP (koyori) さんです。

~ 歌詞でよむ初音ミク 184 ~ 口を衝く

いつでも言葉が解決してくれるわけじゃない かなり複雑に組み立てられているお洒落な曲ですが、すごく聴き心地の良いメロディーメーカーでもあります。 曲・詞ともに、あ子さんです。

~ 歌詞でよむ初音ミク 183 ~ いるかジェット

アダルトグッズ使いのミクさん 一見するとポップなラブソングですが、実際はかなり大胆にエロい歌詞になっています。そこをしれっと明るく歌ってくれるミクさんの魅力も詰まった作品。曲・詞ともに、OSTER project (fuwacina) さんです。

~ 歌詞でよむ初音ミク 182 ~ ネギがミクに恋をした?

愛は「似せる」ことじゃない 「みんなのミクうた」的な、ほのぼのしたユーモアあふれる作品。歌詞だけでなく、音楽やコーラスがしっかり丁寧なところにも注目です。曲・詞ともにtokkyさん。

~ 歌詞でよむ初音ミク 181 ~ だからパンを焼いたんだ

主食でも、お菓子でもあるということ 疾走感のあるかわいいロックにのせて、ミクさんがパンを熱く語ってくれる作品。どうつながっていくんだろうとワクワクするところも魅力の一つです。曲・詞ともに、あわのあゆむ さん。

~ Hatsune Miku 11th Anniversary ~

ミクさんが11年目に入ったので、 いくつかキュートなポスターっぽいのを作ってみました。

~ 歌詞でよむ初音ミク 180 ~ プラネタリウムの真実

幻だったけど、たしかに「真実」だった ロマンチックで豪華な音楽陣に、意外なところで転調するファルセット的なミクさんの声がとっても合っている作品。個人的なことですが、裏声ミクさんすごく好みなんです。曲・詞ともに、夏代孝明さん。

~ 歌詞でよむ初音ミク 179 ~ 夜行便

【初音ミクDark】 夜行便 【オリジナル】 「君」は女性ではなくて―― いつもメロディがとても綺麗なバイカPさんは、感情を抽象的に歌うことが多いのですが、この曲はシーンが浮かびあがるようになっています。曲・詞ともに、バイカPさんです。

~ 歌詞でよむ初音ミク 178 ~ 少女レイ

語り手がいつも善人とはかぎらない とっても爽やかなサマーソングに、びっくりするほどクズでリアルな生々しい視点の歌詞。最高にボカロの良さが出ています。曲・詞ともに、みきとPさん。

~ 歌詞でよむ初音ミク 177 ~ 夜がはじまる

「堕天使との夜」が。 スローでメロウなまどろみの心地よい曲調から始まって・・・?という遊び心にみちた作品。ことごとく裏拍で入っていくミクさんの声もとっても素敵です。曲・詞ともに、平田義久さん。

~ 歌詞でよむ初音ミク 176 ~ トーキョーゲットー

トーキョーという抜け出せないゲットーのなかで 流れるようなカッティングが渋くて素敵な作品。まるでその一部のような歌詞は「音」としても気持ちいいし、「意味」を考えてみても面白い、という二重においしい構造になっています。曲・詞ともに、Eveさん。

~ 歌詞でよむ初音ミク 175 ~ 揺らめく森のストロベリー

「ざわめき」のポリフォニー 妖しげに展開する曲調とミクさんの重なる声々のなかで、象徴的な光景と具体的なイメージが混ざりながら見えてくる素晴らしい作品です。曲・詞ともに、Inagiさん。

~ 歌詞でよむ初音ミク 174 ~ よるをおよぐ

ヒップホップとは異なる「言葉遊び」って? 音楽そのものを歌詞のモチーフに扱う作曲家さんは、このブログでも何度か取り上げています (Lemmさんの『Atoropa』など) が、それをポップに偽装したときのかっこよさもすごく素敵です。曲・詞ともに西島尊大さん。

~ 歌詞でよむ初音ミク 173 ~ ナイトダイバー

沈もうとしても、やがて消えてしまう海 まったりとグルーブをきかせて水中に沈んでいこうとするような心地の良い作品。曲・詞ともにRさん(R SoundDesignさん)。

~ 歌詞でよむ初音ミク 172 ~ 十七才

大人に未来なんて教えられたくない 大人の矛盾が許せなくて、でも自分の体も心も同じように大人になりつつある十七才。あおくさいけれど純粋な、リアルな苦い感情がひりひりと伝わってきます。曲・詞ともに一二三さん。