読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~ 歌詞でよむ初音ミク 57 ~ 皐月の雨音

2016年の曲

心に閉じ込めた「大切な友達」・・・?

VOCALOID梅雨入り」タグ。音楽タグ的にはミクトロニカでしょうか。暖かい小雨を思わせる情景に、淡い感情を織り交ぜた作品。一つ一つの丁寧な音に、優しいミクさんの声が加わって、深い癒しをもたらしてくれます。曲・詞ともにメイちゃんPさん。

 

**********

「涙を流した季節」が変わっていくなかで、

「優しい思い出」は今もずっと残っている、という彼女のことば。

 

あの日、彼女は「君の想いに触れた」のでした。

詳しいことは語られていません。

しかしそのとき「不意に涙が溢れ」、「心を閉じ込めた」のです。

 

「透明な気持ちのままで 君を想い続けたいの」。

透き通った「水色の世界」を、ふたりは一緒に歩いていました。

 

それは淡い恋を思わせるような二人の記憶・・・

 

ところがそれは「友達」に対してなのです。

そう、「あなたは大切な友達」。

 

**********

おそらく作者が必ずしも意図していなかったであろう意味合いが、

図らずも作品に宿ることは往々にしてあります。

 

わたしには、

相手が異性なのか同性なのかはさておき、

一線を越えた感情を抱いてしまった「友達」への想いのようにも読める気がするのです。

 

その気持ちを押し殺すような、自らに言い聞かせるようなことば。

「透明な気持ちのままで 君を想い続けたいの」

「あなたは大切な心の友達」。

 

皐月とは、もちろん梅雨の季節としての五月 (さつき) のことですが

ツツジの仲間としてのサツキを指す言葉でもあります。

そしてサツキには「自制」という意味が含まれているわけです。

 

大切な人でありながら、自らの気持ちを抑制した彼女にとって、

「涙を流す季節」と「優しい思い出」とは同じ時間の裏表だったのでしょうか。

 

そんな繊細すぎて触れがたい「水色の世界」での二人の記憶を覆うように、

優しくおだやかな皐月の雨音だけが響いている・・・。

 

別にそんなつもりはなかったとしても、

こんなふうにも読めるというように出来あがっているとしたら、

それはいわゆる作品自体が持つ、ふところの深さというものなのかもしれません。

 

広告を非表示にする