~ 歌詞でよむ初音ミク 118 ~ 不思議な幸せ

ストーカーのミクさんが追いかけているひと

「スナック初音」タグ。そのとおり昭和歌謡っぽくて味のある曲調ですが、クセのある歌詞もまたしっかり歌謡曲テイストです。感情を込めすぎず素直に歌うミクさんが逆に恐ろしく感じます。曲・詞ともにネジPさん。 

 

**********

色香とともに危険な雰囲気を漂わせる「ピンクの口元」。

彼女は優しく笑顔で微笑んでいるのですが、

恐ろしいことにそこから発せられるのは、「あなた呪うわ 呪うわ」という言葉。

 

おそらく口元は微笑んでいても、その目は死んでいるのでしょう。

彼女は「あなたのいない世界で 生きていけない」とこぼします。

 

ですから彼女は「あなた」に付きまとうのでした。

どんな部分を切りとっても全体と同じかたちが見える「フラクタル」図形の不気味さと同じように、どの瞬間にも彼女がいるという恐怖。

 

「電信柱の陰から あなたを見てるわ」。

 

そして執拗にストーカー行為を繰り返すミクさんは、

異常な支配欲に囚われた偏執狂(パラノイア)となって、

 

やがて「私の赤い血で書いた手紙を送るわ」だとか、

「あなたを奪うつもりなら 天使も殺すわ」などと攻撃的な顔を見せはじめるのです。

 

**********

さて、彼女がヤンデレなのは分かるとして、

不思議なのは「砕いて混ぜて吸い込んで」というところです。

 

そうやって注目してみると、

実は彼女、ストーカーとは別の何かについても歌っている気がします。

「ぐにゃぐにゃになるわ」「夢の中」「お伽の国へ」「幻」・・・。

「砕いて混ぜて吸い込んで」って、薬物の鼻からの吸引 (スニッフ) のようにも思えてきませんか? 

 

だとすれば話はすこし変わってきます。

ストーカーと支配欲のテーマに、

薬物使用による幻の愛が混じっているような。

 

そうなると、もはや「あなた」の存在も怪しいものです。

『不思議な幸せ』というタイトルも不穏なにおいがしてきます。

 

考えてみれば、薬物によっても生じやすい統合失調症は、

フラクタル」的なイメージともつながりがあります。

( ↓ 統合失調症が進行していくルイス・ウェインの絵の変化。とくに下部。)

f:id:comaa:20161009205309j:plain

 

薬物を仄めかし、幻への異常な執着や被害妄想に囚われながら、

「世界はフラクタル」と歌うここでのミクさんには、

もしかすると「あなた」がこんな風に見えていたりするのでしょうか。 

広告を非表示にする