~ 歌詞でよむ初音ミク 153 ~ Meaningless

意味がないことに救われる

「お洒落なミクうた」タグ。ベースの響きと乾いたドラムがかっこよくて気持ちいい音楽。ひょうひょうと冷めた歌詞をうたうミクさんですが、じめじめした暗さはありません。曲・詞ともに、RT-G.o.B.Sさんです。

 

**********

「時計は午前0時」を指しました。

「新しい日のスタート」です。

 

 「午前3時」なんて、みんな「夢の中でゆらゆら」。

 夜のあいだは、すやすや眠って、

 

「午前の6時 “今日”が始まる」という不思議。

 それは「僕たちが決めたルール」なのです。

 

あっという間に、お昼になって「時計はもう12時」。

 「疑わずいる秩序」のなか。

  

「午後の3時の日差し」はちょっとだるだるしくて、

「ゆらゆら」してるうちにも時間は過ぎ、

 

「午後6時には日差しが落ちる」。

やがておうちに帰って、ご飯を食べて、

お風呂を上がったら、髪を乾かしながら寝る準備をして、

 

そうこうしているうちに、

「次の午前0時 “明日”が始まる」のです。

 

**********

もちろん色んな生活スタイルはありますが、

こうしてなんとなく多くの人が従って生きている時間は、

勝手に「僕たちが決めたルール」です。

 

"日の出" と "日没" が基準になっているのに、

当の「お日様は知らない」まま、って考えると面白いですよね。

 

だけど、そんな細かく刻まれた時間ルールを、

意味もなく目的もなく押し流していくのも、また「時間」です。

 

「僕たちだけが従って」束縛されているのに、

同時に「僕たちだけが救われている」という矛盾めいた時間のあり方。

 

時間が過ぎることで、忘れることで、

「常に変わりゆく世界に」「変わらない時間進む」おかげで、

痛みや悲しみから救われることもあるんだと思います。

 

そう考えてみると、タイトルや歌詞の、

「時間に意味なんてないのさ」という言葉は、

あんまり悲観的でもなさそうです。

 

ひょうひょうと歌うミクさんは、

せかせかして決まりきったわたしたちの時間の底にある、

そんな「無意味」としての時間の流れを淡々と見つめているのでしょうか。