~ 歌詞でよむ初音ミク 189 ~ ビターチョコデコレーション

苦いだけでも甘いだけでもない

淡々と奇妙な雰囲気をのこして進んでいく作品。それでいてリズミカルな中毒性があってかっこよさもあります。曲・詞ともに、syudouさんです。

 

**********

「ふざけないように」

「どんな時も笑って愛嬌ふりまくように」

 

「人をちゃんと敬うように」

「無駄に自我を晒さないように」

 

"~をしないように" とか、

"~をするように" とか

 

「個性や情は全部焼き払い」、

「欲やエゴは殺して土に埋め」ることばかり押し付けられて。

 

「集団参加」の「集団リンチ」

まるで「宗教的社会」みたいな世界。

 

どうでもいいことを

「どーでもいーのに言っちゃって」・・・。

 

でもそんななかでも

ときに「一糸まとわぬ」気持ちがふっと蘇ったりするのですが、

・・・「やっぱいいや」。

 

「僕は大人にやっとなった」のでした。

 

**********

「・・・やっぱいいや」。

 

これって「抑圧」なのでしょうか?

 

そのわりには「Fuck you」とか、

けっこう本音が暴れてます。

 

本音はちゃんとあって、

だけど「やっぱいいや」と言ってるわけです。

 

となると、

これは抑圧というより、

 

"この人たちにはこれ以上なにを言っても無意味" 的な、

"わざわざ口に出すのをやめた" に近いのではないでしょうか。

 

ビターチョコを無くして完全に甘々のお菓子にしたわけじゃなく、

中身にしっかりビターチョコを抱えたまま

表面だけ「へーこらへーこら」 しながら

デコレーションしてる感じかもしれません。

 

子供のころは「大人になる」って

単に抑圧する側にまわることだと思ってたけど、

 

けっきょくそんな単純なことじゃなくて、

案外みんなビターチョコデコレーションなのかもしれませんね。