読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~ 歌詞でよむ初音ミク 52 ~ Reminiscence

恋愛というより「時間」について歌った曲

オルガンとピアノが並ぶポストミック。感情を失ってしまったような呆然としたミクさんが、恋人との関係が崩壊した一場面を、出来事ではなく心情から切りとっています。曲・詞ともにforuteさん。

 

**********

速度が合わず、すれ違っていく二人の世界。

彼女は、溝がこれ以上埋まらないことを分かっています。

 

「伝えたいことばかり今更浮かぶ」けれど、

夜の静寂を壊して朝が訪れるたび、

「いつもずっと側に居た君」がいなくなったことを確信させられる。

 

「君とずっとどこか繋がってる」というのは勘違いでした。

二人の明日を探してもそんなもの最初からなかった、と。

お互いの未来を一緒にして描くのも、今日でもう終わり。

 

そうは思うものの、彼女にはありありと君のすがたが想い出されてしまいます。

それでもいつか色褪せて、過去の思い出と割り切れる日が来るのでしょうか。

 

彼女の苦しみとは何でしょう?

もちろん直接的には「君」がいなくなったことなのですが、

たとえば別れの原因だとか、そういったことを考えているというよりは、

むしろ「時間」の錯誤に悩まされているような気がします。

 

レミニセンスとは「思い出」のことです。

これはリメンバーでも、リコールでも、リコレクトでもありません。

それらのように「現在からさかのぼって思い出す」というより、

レミニセンスの特徴は、とりわけ「過去に身を置いて思い出すこと」です。

 

**********

過去との向き合い方が「レミニセンス」であること、

それが彼女を苦しめているような気がします。

 

二人の楽しい過去があったのに、どうして二人の未来は描けないのか。「何も変わらぬ過去を 繰り返し思い出して」も、「消えない過去たちを並べて思い馳せ」ても、”明日の空”は、「見えない」「見つからないよ」。

 

この背景にあるのは、過去を時間の基準にしてしまうこと、

“現在と未来は、過去から直線的に繋がってやってくる” という考えにほかなりません。

 

きっとほんとうは、

その過去というのも、"現在" の彼女が基準になっていて、

彼女の思い出と言ったって、過去全体の一部を切りとったものにすぎないはずです。

 

想起した過去のほかにも無数の過去があり、

それらに応じて無数の因果系列があるのだから、

必ずしも彼女が切り取った過去が未来へ直線的に進まないのは仕方のないことです。

 

彼女がそこから抜けだせるとしたら、決して過去を否定することではなくて、

「色褪せて思い出に変わっていく」こと、過去が基準ではなくなっていくことだと思うのですが、

 

そのときまで、この曲は「Reminiscence」と呼ばれる必要があるのでしょう。

 

 

広告を非表示にする